« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

24週目「だんだん何週目なんだかこんがらがってくる」

7ヶ月に入る。
だんだん何週目か混乱してくる(苦笑)


地元の友達が帰省してたんで、夢中でお喋りしていたせいか胎動があんまり感じる瞬間が減ったなと思った日が1日、2日。

仕事中は動いても、あまりお腹をさすったり話かけたりなんて出来ないのでほったらかしになってるけど(笑)


いじけたか?


やはり動かないと思えば心配になる。


だけどちょっとジーッと待ってるとボコッと動くので安心した

といった感じ。


これをケータイで寝転びながら書いてる今は、活動期らしく左右パンチなんだかキックなんだか母のお腹を攻撃中(笑)


ドカッと衝撃が来ることもあれば、

さっきは「アタタタタタタタタ…」と小刻みにパンチ?

オマエはケンシローか(笑)

我が身は体重
着々増えてくる。
ぬぅ(´-ω-`)


妊娠前から+3.2キロ


まだ大丈夫だよ〜
と言ってくれる人もいるのだけど、私は自制が効かないので甘えるとアカンのだ。


それに今年のお正月。

今年はやみくもに長いのだ。


オットの田舎に帰るし。

やることないから食べちゃうんだな、これが( ̄▽ ̄;)


つわり時期はあまり食べずに過ごせたので助かったのに

お腹が苦しくてたまに気持ち悪くなる割に
「今さら食べづわり?」の気が
…_| ̄|○


無性に甘いもんが食べたくなる←いわゆる別腹ちぅやつね


空前のじゃがいもブームが終わったら、和菓子、チョコレートブーム到来。

さて。
体重ケアもさることながら、気になるのは

「妊娠線ケア」


まだ現れてはないけど真冬の乾燥地帯にて最大になるお腹は危険である。


ピジョンの妊娠線予防ボディクリームをスリスリ…


オフ会で「産んだあとのケアが肝心。産まれてから出来た」とか「見えなかったお臍の下部分が…」なんてお話を聞いてちゃんとしなきゃな〜と思う。


メロン腹はイヤじゃもん。。

それから、某ショッピングセンターで「腹帯」追加購入。


家用ソフトタイプ(腹巻きタイプ)のものと

しっかりガードルタイプ2枚(主に会社通勤用)


をメインに使ってきたけど、ベルトタイプのささえ帯が一つ欲しかったので。


今日つけてみたら、これがなかなか保温効果抜群。

温かいから、越冬妊婦はいいかもしれない(。-∀-)

ただ笑えるのは
母が代わりに会計しにいったんだけど、レジのオバチャンが


「失礼ですが、奥様(←母のこと)のですか?」

と驚きつつ真面目に聞いてた( ̄▽ ̄;)


母「いえ、娘のです(苦笑)」

…んなわけなかろうよ(笑)
母は若くは見えるが、63歳だもんで( ̄▽ ̄;)


まぁ妊婦だとは思っちゃないだろうけど(笑)

間違えて買ってると思ったのであろうか…


わらえた(≧m≦)

| | コメント (3)

23週目「検診&すぐにオナカイッパイ…でも甘いものが食べたい」

検診週。

今週が6ヶ月目最終週。
来週木曜日に7ヶ月に入る〜

早えぇ(○_○)

プレママオフ会ダブルブッキングのため、忙しい1日のはじまり。

この日のメインメニューは、血液検査。

公費利用二回目。

胴囲は前回より3センチ成長〜
67センチ…
(太いな←当たり前か)

体重も54.1
(4週間前から1.3キロ増( ̄▽ ̄;))

家で測るときより800グラム多い_| ̄|○←もちろん真っ裸

…。

衣類が重くなってるのよ、
そーよ、そーよ。
差し引いてくれぇ
↑妊婦検診だから諦めなさい

エコーでは、随分育ったベビくんが(。-∀-)

先生
「胎盤と…臍の緒は…いいですね」

大腿骨と思われる部位を測定し、頷きつつ

「…頭の大きさは五センチ。標準ですね(^ー^)」

ほっ(*^^*)

次は顔のアップらしき映像。

角度を変えながら、一番写りのいい瞬間を狙ってくれてるみたいだけれど難しそう。
3Dだとはっきり写るんでしょうが(笑)

近づきすぎると

…骸骨が(○_○)(笑)

でも、目とお鼻が見えたっけ。

…アタシに似て「団子っ鼻」に見えたが_| ̄|○

顎はとんがってるか?

頬っぺたも、肉付きが確認できるように思え、着々と人間らしさを備えてきたみたい。

先生は穏やかだけれど、必要なことしか言わないので勝手にアレコレ想像中(笑)

性別は前回教えてくれたので、再度説明はないのだけれど

「オマタ」は素人の私で普通に見えた(。-∀-)

前回は

「チョン」

だったけれど…

こりゃまたご立派になられた(笑)
↑タマちゃん発見

まだしっかり頭は下を向いておとなしく収まってるな〜

逆さにならないでよ〜

超音波が終わり、やはり膀胱炎の抗生物質を飲んだせいで、カンジダに侵されておったので、お薬注入(T-T)

内膜症の治療後もなったんだよね…
不潔にしたわけじゃないのに…
クセみたい(--;)いやだわ

あとは膀胱炎はほぼ治ったけれど、相変わらず尿に潜血があり、どうしたもんかと先生も首ひねる。

妊娠中はどうにもならないので、出産後に調べるかなぁ

一回泌尿器科に行って異常なしって言われてるのだけどね。

とにもかくにも、赤ちゃんは順調だそうで(^ー^)

ワタシもお腹の張り、浮腫もなく元気。

最後に「お正月、体重増えすぎないように」

と先生に忠告される

は〜い…( ̄▽ ̄;)

| | コメント (2)

はんどるねぇむ&プレママのオフ会初参加

そろそろ。

ややこしいので
元に戻します(笑)


「あめみこ」です。


さて。
萬華鏡からリンクを辿ればここに着きますが…
かなりマニアックな道のりだから


お知らせしなければ気付く人はいないでしょうな(笑)
安定期過ぎに統合と考えてました。
すっかり「あめみこのメインブログ・サイトコンテンツ」がおざなりだ…


そのうちしっかりリンクをつなげてお知らせします。


はんどるねーむ。
変えておく必要があったかどうかわからないけど(^o^;)(多分あまりない)


某SNSでの育児系コミュニティも、あめみこでデビュー(笑)しました。


他のコミュニティ系でこのハンドルネームを利用するとは思わなかった(笑)

そんなわけで、今日(もう昨日になっちゃった)15日は地元プレママコミュのオフ会(^ー^)


朝から妊婦検診だったので、まず受付三番以内に滑り込まないと間に合わない可能性が高いため、朝はテニスに行く(←またかぃっ)ダンナに食事を出して、産院へダッシュ
↑まだ身軽


到着して中扉を開けようとしたら鍵がかかっていたのでしばし待機。

「ふっ( ̄ー ̄)今朝はナンバーワンか」

と思いきや

五分後に受付に診察券を置くと すでに一番の札は置いてあり。。


二番かぃ_| ̄|○


なんで鍵かかってたのに先客がおるのぢゃろ〜


まぁ、いい。

でも今日は採血などもあり、結局診察室に入れたのは10時半。←一回自宅に戻ったけど


会計完了したら11時前。なんとか行けそうってことで、急いで帰宅しダンナのお昼も準備しないで車で開催地へ。


お子ちゃまと一緒に入れる専用のお店。


みんなお互いに「はじめまして」の方が多いので、ドキドキの気持ちは同じだったんじゃないかなぁ(笑)


ぶっちゃけ。

女性の集団行動はニガテなほうです(爆)
女子校出身、女性の多い職場にいてニガテって不思議だけど(笑)


友達との雑談は好きな方だけれど、案外出無精になることもあり、1日喋らずともいられるタチだし。
単独行動は苦にならない。
↑実は暗いのか?


ほら。
ママ友っていうと、様々な育児方針とかもちろん個性もあるし、かなり激しく一方的に自己主張しすぎる人がいたりすると色々厄介かなぁとか( ̄▽ ̄;)
↑テレビの見すぎか

でも。

ママ友を作ることは
大切だと

思う。


子どものためにも。
社会でお互いに
気遣いを怠らず
悩んだとき手を差しのべられる
仲間を作ること。


そのコミュニケーションの姿を子どもに見せて「人付き合い」「人」に溶け込むことも、親からの教育かな〜って(^ー^)
↑自分なり単なる持論


悲しい子殺し事件などを見ていると、あまり人との関わりをしてない(できない)人が多いかな〜という印象も。
一概にはいえないけどね。


だから、親が閉鎖的ではいけないような気がするんだ。


いまは、メールもあるし良い面もたくさんあるね


まぁねぇ

公園でびゅーとかさ、
ママ集団のリーダーとかが仕切ってたりしてさぁ…
何だかコワイイメージなのだけどさ、
↑だからテレビの見すぎ…

が、しかし(^ー^)


プレママ&新米ママ一年生ばかりが集まる今回のコミュのみなさんは、明るくて優しそうで、話も弾むお仲間さんばかりだったので、安心〜


年代的にも似た感じだし
いや、私は中でも年長組ではあるけれど(笑)
↑精神年齢の低さは自信あり

ママさん組では7ヶ月になる男の子女の子、6ヶ月男の子、2ヶ月ホヤホヤ女の子


6、7、8、なんと臨月マタニティー組では、お互いにお腹の大きさ比べっこも(笑)


楽しいひとときでした。


みんな、順調な出産と子育てができますよーに(^ー^)

あめみこ

| | コメント (2)

イカしたマタニティー服ってなかなかないよね

夏に妊娠がわかって購入したワンピース。フレアスカートだからゆとりがあって、全くお腹も目立たないときもつわりの気持ち悪さから解放されるため愛用してきたけど、今週くらいからは
「これ、来月再来月来たら不恰好だろうな。。。」
って感じになってきました。


正面から見るとあまりよくわからない6ヶ月後半(来週から7ヶ月突入)でも、横からだとどう見てもニンプーですな(笑)

…ちょっとウエスト太い人にも見えるが(爆)


胸の下あたりから膨らむんだなぁ、妊婦の体。

明日に胴囲測定だけれど、どれくらい前回より太くなってるのかしらん。


↑午前一時だから検診日はもう今日か(早く寝ろ)


忘年会から酔っ払いでヘロヘロになって帰宅したダンナに起こされたから目が冴えた(爆)


ちなみに今、お腹のたんぽぽベビくんも起きているらしい…

ドカドカ蹴ってる

明日の検診では元気な姿見せてよー(。-∀-)

…。そうそう。
13日にいつもテニスで遊んでいるN山さんの奥さまが出産されたようで。

2600グラム
結構小さいなぁ

かくいう私は2300グラムで産まれた未熟児だったけど。


帝王切開だったそうで、約1週間入院して20日には退院するとか。


早いんだなぁ〜
病気じゃないとはいえ、お腹切ってるから痛いはずだよね( ̄▽ ̄;)


私は腹空鏡手術して、ちょこっと切っただけでヒィヒィしてたのに(苦笑)


| | コメント (4)

男の子女の子の差

私は一人っ子娘。
その母は当然のことながら♀しか育てたことはなく。

私のお腹の中の子が♂と知ってからはやや困惑の色を隠せないように見受けられる(苦笑)


私の母の仲の良い友人は40歳を過ぎて男の子を産んだ。
この息子がこれまた落ち着きのない利かん坊。手に負えない印象があるようで( ̄▽ ̄;)


ひょっとしたらそんな懸念が脳裏を過るのではないだろか←憶測


昨夜、母娘の会話。


母「さっきもテレビでやってたけど、約束を守らない親に対して不満をもって暴力をふるう13歳の男の子のことやってたよ。父親はあまり関わらないから母親に手をあげるんだって。男の子は難しいね」

た「13歳といえば、ホントなら善悪の良し悪しや道理も判断できる年頃なのにね。でも女の子だって、最近は怖いよね。ナタで父親殺したり…。(←極端な例だが)どっちにしろ人間ひとりを育てるのは大変なことだよね」

そんな雑談。
そこから

最近では病院での男女産み分け(染色体のコントロールをするらしい)は90%以上の確率で成功するとかいう話をネットニュースで読んで、最近の医療技術ってすごいって話題から

そういう産み分けにやってくる夫婦には「育てやすさの呼び声高い女の子」を希望する声が多いようだ


なんて話に発展。

でも、昔から「男の子は育てにくい」定説みたいなものは最近の統計(産科医の調べらしい)では、あまり関係ないとされていて

多少は、男の子のほうが風邪などの病気にかかりやすい

というだけで、夜泣き、癇癪…みたいなものは

胎児〜5歳位までの育て方によって変わるということ。
つまり男女差は大してないという。

特に医学の発達で幼児の死亡率もかなり下がっているようだし、低胎児出産でも多少のリスクは否めないものの、数ヵ月入院すればちゃんと育つ時代。


しいていえば、将来成長後の楽しみには差がありそうだけどね(笑)


母「そう?でも男の子は引き付け起こしたりしやすいっていうわよ」


と言うので
未来の懸念を取り除くべ上記の統計事情を話せば

母「あまり本に囚われすぎないで、子どもの様子から読み取るのが必要なんだってよ」

と母。

( ̄▽ ̄;)え、だから

た「男の子は育てにくいって噂や定説だけで、思い込まないようにしたいなと思ってね」


と言うと

それならそれでいいけれど( ̄^ ̄)

と。(苦笑)

負けず嫌いなんです、うちの実母は(^o^;)


昔ながらの定説に捕らわれてるのはお母さんです(苦笑)


言ったこと、決めたこと、信じたことは曲げない性格だからね〜


しかし
心配も無理ないよね。


産休明けはしばしお願いせざるをえないから、

育ての祖母としてのプレッシャーもあるかも。。

プラス足腰の弱り、加齢も手伝う時期だと思うから。。

でもさ、


産まれる前から「育てにくそう」なんて、失礼しちゃうよね(苦笑)


ごめんね(^ー^)


とお風呂の中でお腹に向かって話しかけた。


子(孫)を巡っての母娘の「朝まで討論会」は来年ヒートアップ?←朝まではしない


うん、獅子座な母に山羊座の私は勝てる気がしないのである(苦笑)

たんぽぽベビくん。
貴方のために、今から


ばーちゃんと
かーちゃんは


あれこれ一生懸命考えてます(笑)
↑とーちゃんもきっと今は黙々と一人で考えもしてるだろう

おばーちゃんを困らせない優しい子に育てないとね。

悩みつつ、時には誰かにも頼りつつ。


なんだかんだ衝突しつつ、説得力のある言葉の数々に、やはり母は頼りになる人生の先輩なんだろうな、と思う。


| | コメント (4)

22週目「お腹が苦しくなってきたかも」

12月8日(土)
膀胱炎の治療。
受付をしに朝7時50分産院へ。

待合室には〜
誰もいないわ、シメシメ…


診察券を受付に番号札と一緒に置こうとしたら

7番目…_| ̄|○


上手がおったな

先週は4番目であったのに

1番〜3番手を狙うには7時半前に到着せねばならないようだ( ̄▽ ̄;)

産院から出てきたとき、チャリで到着したスエット姿の男の人、続けて二名。


身重な奥さんの代わりに順番取りかぁ〜

うらやま。

我が家はテニスに行ったさ( ̄▽ ̄;)あはは

一度家に帰宅。
11時半までに再び病院へ。
2往復は疲れるかも(~Д~;)


膀胱炎は体内にいたサイキンちゃんの数は減りました\(^-^)/

オリモノが気になると質問してみたら、
抗生物質を投与すると免疫力が低下してカンジダ(カビの一種)に対して抵抗力がなくなったりすると言われ、急遽内診に


( ̄▽ ̄;)え

心の準備が…


内診は何度経験しても慣れませんなぁ


先週から22週目に入る。
少しお腹が痛くなったり張ったような(←便秘みたいな)感じがあり、冷えたかな〜と思った日あり。

こういうときは、歩くときに子宮が重い気がしてゆっくり歩いた。

お腹の皮膚が心なしか突っ張る感じがするのはお腹が育っている証拠かも。

先週よりは出っ張ったかなぁ?


体重は妊娠前から約2キロ増を出たり入ったり。

気を抜くと
…だんだん人生未知の世界(体重)になってゆく…


たまごクラブとか読んでると、「6ヶ月目で6キロ増」なんて読者モデルさん出てたりして


「まだ2キロのアタシはオッケー」

なんて思っていたが、よーく見ると読者モデルのデータは


「身長163センチ、妊娠前43キロ」

だったりして、そこからプラス6キロ増えたって49キロ。


もともと痩せてんじゃん、このシトたち!Σ( ̄□ ̄;)


「アタシはまだ増えても大丈夫さ」なんて
真に受けちゃいかんのよ。

そう言いながら、先週はシュークリームやら、ミスドやら無駄な買い物をいっぱいして食べた( ̄▽ ̄;)

けれど、これを書いてる9日(日)なんかは胃が圧迫されているのか苦しいので、あまり食べられない日のようで。


なんだかやることいっぱいある師走なのに、なかなか動くのカッタルイ←そりは生来の怠け者だろが

| | コメント (2)

21週目「膀胱炎治療中〜」

21週0日目というのは、ようやく「半分」まできたそうで、ちょっとしたお祝いを…なんて立ち読みした本に書いてありましたが、


…忘れた←これだから


ともかく。
半分かぁ…(しみじみ)


8月に赤ちゃんの袋が子宮に発見されて妊娠発覚。


9月に心拍音に感動(ToT)

10月は「酷くもなく軽くもないビミョーなつわり」にウンザリし。


11月はつわり解放。
胎動がはじまり「♂のシンボル」発見。


そして12月は膀胱炎治療中。投薬のせいか皮膚が弱くなったのかオチリがかぶれる←ちなみに痔ではない(恥)

……φ(..)
↑今月は一番非感動的

でも日に日に胎動は顕著になり。


とくに趣味の狂言見に行って私が笑うと


ポンポンとお腹を蹴ったり叩いたりしてる模様(^ー^)


この前、夜寝ていたら左のお腹がキュッと張りました。

あんまり張るほうじゃないので、触ってみたら


「硬っ!」

で、ゲンコツみたいな丸いモノが浮き上がってるような感じ。

頭か?←違うかも


撫でてみたらすぐ戻ったけれど、中で苦しかったかな?

今日は膀胱炎の薬が切れたので午後半休して産婦人科に行くと


「乳児検診なので婦人科は終わってます」


と虚しく断られ。
門前払い(;>_<;)


診察券には
「婦人科 平日9時〜12時・2時〜5時」と書いてあり。

その下には確かに
「乳児検診は火曜・木曜午後」

と記されているものの、


両方やってるはず


と思いこみ…違った←いつも検診は土曜日に行くから

無駄に半休。
なのでふて寝zzz…

土曜日までもう休めんので、薬のない今、飲み続けた治療薬の効果が無駄にならないといいんだけど( ̄▽ ̄;)

最近のオット殿。
基本的キャラは変わらず(笑)


でも最近は会社からの帰宅が早い。
前はあまり早いと私は帰宅直後から慌ただしくなるのとちょっとした自由時間がなくなるので困っていたけど(爆)←鬼嫁ですから

妊婦になり早めに床につきたい今の私には

帰宅してご飯→片付け

が一気に終わりラクに過ごす時間が増えるので助かります(笑)


飲みに行っても早く帰宅。
少し遅いときは「コンビニデザート」のお土産がついてくるようになった(笑)
↑我が家では珍しいこと


私がゴキゲンでいられるよう気遣いかな?


…と言うことにしとこ( ̄ー ̄)


夜中にモンブランは体重増加の天敵であるが〜


うまっ(^q^)


| | コメント (4)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »